09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ゆきだるまのあたま」

20131220.jpg

作: 黒田 かおる
絵: せな けいこ

雪だるまを作っていたたろうちゃんが、
お昼ごはんを食べに、途中でお家に帰っていきました。
下半分の胴体だけで取り残された雪だるまは、
早くあたまが欲しくて仕方ありません。
そこで、あたまの代わりになるものを探します。
でも、イヌに乗ってもらうと「冷たい」と嫌がられ、
石を乗せると重すぎてめり込んじゃうし、
まーるいパンは小鳥たちに食べられちゃうし…
さて、どうしたものか…

次々に現れる「雪だるまのあたま」。
でも、どれもしっくりこない雪だるまくん。
はやる気持ちも分かるけれど、
やっぱり雪だるまのあたまはこうでなくっちゃね!
…この冬は、雪だるま作れるかなぁ~。

スポンサーサイト

「ゆうこのキャベツぼうし」

20130809.jpg

作・絵: やまわき ゆりこ

畑のおばさんに大きなキャベツをもらったゆうこが
キャベツの葉を1枚はがして
帽子代わりにかぶって歩いていると、
途中でこぐま、こぶた、こぎつね、うさぎと出会います。
ゆうこは、みんなにもキャベツの葉を1枚ずつあげて
みんなでキャベツ帽子をかぶります。
そして、帽子を取り合う「おおかみオニ」をして遊んでいると
本物のオオカミが現れて、こぶたを捕まえました。
「大変!」
ゆうこがオオカミに力いっぱいキャベツを投げつけると…

本物のオオカミが出てきた時はドキッとしましたが、
このオオカミ、かなり「いい奴」なのです。
オオカミにとって「友情の証」のようなキャベツ帽子を
愛おしく眺める姿などは、とても微笑ましいです。


◆ゆうこちゃんシリーズ◆
『ゆうこのあさごはん』(2012年8月31日紹介)


「ゆうかんな アジク」

20130722.jpg

中国満族の民話
再話: 趙 朝勲
訳 : 関野 喜久子
絵 : 徐 喚民・趙 朝勲

昔、大きな川のほとりのガーシャンという村に
9つの頭を持った恐ろしい鳥がやってきて、
村の人々を次々に山の洞窟にさらっていきました。
そこで、アジクという勇敢な若者が
仲間とともに怪鳥退治に行くことになりました。
しかし、鳥の巻き起こした風で
仲間たちは洞窟に吸い込まれてしまいます。
ひとりだけ助かったアジクは、
怪鳥の力でフジのつるに姿を変えられている娘に
怪鳥の弱点を聞き、
ついに山の洞窟へとたどり着きます。

これがハッピーエンドな昔話だと、
「アジクは無事に怪鳥を退治し、
呪いの解けたフジのつるの娘と幸せに暮らしました、
めでたしめでたし。」
となるところなのでしょうが、
そうはならず、
手放しでは喜べない結末が切ないです。

「ゆめみとぷりん」

20130624.jpg

作: らる・いしはら

ゆめみは人形のぷりんと森へやってきました。
ゆめみはぷりんの手を持って歩かせていましたが、
砂場でぷりんが転んでしまいました。
ゆめみが起こそうとすると、
なんとぷりんは自分で起き上がって、
ひとりで歩き出しました。
ゆめみと森の動物たちがぷりんを追いかけていくと、
森の奥にある一軒家にぷりんが入っていきました。
家の中にはドングリ林の部屋や大きな池の部屋、
崖の部屋などが続いていて…

切り絵に着色したような絵は
作者独自の「はめ込み切り絵」という技法で描かれています。
ぷりんの先導で進む森の中の不思議な空間で体験する
不思議な時間、不思議な出来事です。

「やんばるのカメさん」

20130603.jpg

作: 儀間 比呂志

ある日、村の公民館の広場で遊んでいた
みきちゃん、ちかしくん、たくみくんの前に
1匹のカメさんが現れました。
村の子供たちが、やんばるの動物たちを守りたいと
道路に看板を立ててくれたお礼に、
山の祭りに招待してくれるというのです。
3人がカメさんの甲羅に触れると、3人の体は小さくなり、
カメさんの背中に乗って森の広場までやってきました。
そこにはやんばるの生き物たちが勢揃いしていて、
山の暮らしや祭りを見せてくれました。

三線や胡弓の音が響く春の結婚式、
5月4日のハーリー、
お盆のエイサーなどの行事に、
ヤンバルクイナやハブなどの生き物たち。
沖縄の文化や自然がいっぱい詰まった絵本です。

プロフィール

「かんばん娘」

Author:「かんばん娘」
絵本カフェholo holoは
大阪難波にある小さなカフェです。
お店は、
「ますたぁ」
「え・本部長」
「すい~つ番長」
「かんばん娘」の
4人でぼちぼち営業しております。
約1,100冊以上の絵本を常備、
絵本カフェ holo holo の
「かんばん娘」こと
おさや さん
が絵本を紹介致します。
どうぞ宜しくお願い致します。

☆ホームページ:
http://ehon.cafe-holo-holo.com/

☆メールアドレス:
holo-holo@vivid.ocn.ne.jp

☆絵本カフェ holo holo 日記:
http://yaplog.jp/holo_holo/

☆Twitter:
http://twitter.com/cafe_holo_holo

☆Mixi:
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4483584

お近くにお立ち寄りの際は
是非お越しくださいませ。
スタッフ一同
心よりお待ち致しております。

〒556-0011
大阪市浪速区難波中2-7-25 
ナンバビル1F
絵本カフェholo holo
06-4396-8778

メールマガジン~波平便り~
(毎月第2,4木曜日配信)
メルマガご希望の方は
holo-holo@vivid.ocn.ne.jp
へメールを送信して下さい。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

その他の言語 Ver.3

ENG ZHO
KOR FRE
GER ITA
SPA POR
©鮟鱇(あんこう)

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。